家を売る不動産会社で、家を貸したり売ったりする主婦として、
パートで働いたことがあります。

主に注文住宅を販売していた不動産会社でしたから、
ほとんどが男性の正社員でした。

女性はほとんどがパートでした。
仕事の内容は、毎日送られてくる賃貸物件の中から
良さそうなお部屋を選んで店頭に掲示したり、
コピー機でチラシなどをつくったりします。

電話受付でお客様の問い合わせに答えたり、
お店に来たお客様に賃貸物件を選んでお見せしたりします。

その中でお部屋を観たいというお客様があっあたら、正社員に引きつぎます。
ご案内は正社員のお仕事になって決まれば、営業成績になるのです。

パートはそういうのはなくて、時給でした。
注文住宅がご希望だった場合は、もう、すぐにでも正社員にお渡しします。

他にはお客様からアンケートを伺ったり、
電話応対をしたり、資料整理をしたりしました。たまにチラシ配りもしました。

今から思うと、不動産会社の営業事務の仕事は楽しかったです。
パートの女性は全くの事務で、営業の仕事はなかったので負担にはなりませんでした。

資料整理はほとんどが、住宅の間取り等の資料でしたから、
それを見ながらこういう家に住めたらいいなとか、
こういう間取りがあるんだとか見て楽しめました。

もし、あの会社が傾かなかったら、もっと長く働きたかったなと思っています。

仕事探し参考サイト: 主婦 パート 人気

関連記事


    託児所付でなかったら、きっと応募していなかった・・・ 子どもがいると、求人探してもなかなかいい条件の職場が見つからない。 求職中だと保育園探すのはかなりきつい、 まだ仕事が決まったわけではないから。 …