妊娠線クリームは、お風呂上がりに塗るのがコツです。
軽く身体を拭き取って、多少水分が残っているくらいで大丈夫。
保湿が目的ですからね。

妊娠線クリームは、ベルタマザークリームやノコアが人気です。
ノコアは肉割れを起こしてしまった後にも使えるということで人気が高いようです。

まずクリームを両手にたっぷりとって、軽く温めましょう。
その後、おへそを中心にやさしく塗ります。

さらに、おへその周りを円を描くよう、ぐるぐると回しながら塗っていきます。

次にマッサージをしましょう。

脇腹、おへその下半分、地球で言うと南半球の部分が引っ張られ、
妊娠線ができやすいので、念入りにマッサージします。

脇腹は、クリームを伸ばしながら上から下へ、
さらにおへその下へ両手を動かしながらマッサージします。

そのまま、おへそを通るように上に向かってクリームを伸ばします。

クリームが伸び切って、浸透したらもう一度妊娠線クリーム両手にとって、
軽く温めてから繰り返します。

手の軌道としては、前から見て、ハート型になるような形ですね。

さて、お腹全体をマッサージし終えたら、
手に余ったクリームを腰あたりにも塗ってしまいましょう。

お風呂上がりだけでなく、昼間もケアしたいところですね。

ここでは、妊娠線クリームでご説明しましたが、妊娠線オイルも同様です。

妊娠線オイルと妊娠線クリームの人気はこちらです。→妊娠線クリーム 人気

関連記事

    None Found