ゴルフに関する詳細は☛ドライバー スイング
狭いホールでの方向性重視のドライバースイングの攻略方法。

どのようにセットアップすればいいのか。
まず後ろにセットアップするのは同じ。
目標に対してボールの位置まで軽くラインを引いてください。
そのラインに対して平行になるように自分が立ちます。
大抵の方はラインを引いて
スパッと目の前に何か目標物になるようなものを
見つけることまではやってらっしゃるんですが、
今回に関しては、前とそしてボールの後ろにも点を付けてください。
このボールの前後にラインが出るようにまずイメージをしていただいて、
そこに対してご自身がまず平行に立ちます。
この段階ではまだ目標を見ないでください。
今ご自身が引いたラインに対して自分自身が平行に立ってあげること。
これに集中してください。
そして次に自分が平行になった位置に対してクラブを垂直にストンと落としてください。
そうすれば身体とクラブはスクエア、
そしてご自身と目標のラインはスクエア、
結果まったくズレないまま構えることができるんです。
ですから、多くの欧米のプレーヤーもクラブを持って
そのまま先に足を決めてクラブを置いている、そういった選手が多いんです。
それはこの方法の方が実はズレないからなんです。
なので実際にいままでクラブを合わせて身体を入れていた方、
非常にこの順番を変えるのは難しいかもしれません。
ですが身体を先に入れて平行に立つそしてクラブをそれに対して合わせる、
この動きだけでズレることがなくなるんです。
難しいかもしれませんが、ぜひトライしてみてください。

関連記事


    オンラインゲームのニュースなどを見ていて最近気がつくことは、萌え系の絵のオンラインゲームが増えてきたなぁということです。 それだけ男性のプレイヤーを意識しているのかなぁと思ったんですが、実際は、女性…