癌の漢方薬の種類

 がんの治療に使われる漢方薬は、基本的にはがんの種類によって変わってきますが、治療中の滋養強壮と免疫力の強化に使われる「十全大補湯」などは、どの部位のがんでも共通して効果が見込めます。
大腸がんにおいては、抗がん剤投与による手足のしびれを解消する「牛車腎気丸」や、腫瘍摘出後の腸閉塞を防ぐ「大建中湯」が主に使われています。
 胃がんでは、吐き気や胃炎などを抑える「半夏潟心湯」、食欲の低下や倦怠感を和らげる「六君子湯」などが主に用いられています。
ただ、東洋医学の考え方では、どの部位のがんであっても患者個人に合わせた処方を優先するため、あくまで目安としての分け方と考えるのが丁度いいでしょう。
 また、多くの漢方薬は手術や抗がん剤治療による患者の負担を軽減するために処方されますが、一部の漢方薬はそれ自体が抗がん作用を持っていて、「白花蛇舌草」「半枝蓮」などの生薬を使った漢方薬がそれに当たります。
これらの生薬は、消化器系のがんを始めとして肺がん、乳がんなど様々な部位のがんに広く効果があるとして注目されています。
 これらの漢方薬の費用は、原料となる生薬によってまちまちですが、原材料の値段から考えると、化学製品である錠剤などに比べて割高です。
しかし、それらの薬剤は基本的にある単独の症状にのみ効果があるのに対して、漢方薬は初めから生薬が配合されているので、既に多くの成分を含んでいます。
そのため、がんの症状が進行して投与する薬剤の種類が多くなる場合は、漢方薬のほうが安価になるケースがあります。

ツムラの癌の漢方薬について

 本来、漢方薬は中国で苦味の強い煎じ薬として使われていました。これを飲みやすい市販品として売り出したのがツムラであり、※※漢方薬メーカーとして84.0%というトップシェアを誇っています(2017年3月末時点)。[1]※※
 ツムラでは、がんに効く漢方薬として代表的な十全大補湯、大建中湯、牛車腎気丸などを始めとしたエキスを、顆粒に加工して販売しています。
原料となる生薬は中国からの輸入だけに留まらず、※※国内の六ケ所で栽培しています。[1]※※
 また、ツムラは品質管理に特に力を入れており、※※WHO(世界保健機構)が定めた管理基準を基にしてガイドラインを独自に作成しています。[1]※※これにより、医薬品として安心・安全な漢方薬の製造工程を約束しています。大建中湯・六君子湯・抑肝散・牛車腎気丸・半夏瀉心湯の5つの漢方薬を中心に、科学的根拠を確立するための基礎研究・臨床研究を進めています。

詳しくはこちらから!
 ↓ ↓ ↓
癌 漢方

腸であったり胃の働きが減衰する原因は、病気は勿論の事、体調不良・加齢、そして、もう1つはストレスです。
その他、100パーセント原因だと断定できるのが、「暴飲暴食」だと聞きました。
糖尿病と言える範囲の数値ではないけれど、正常値だとも言えない血糖値状態を境界型と呼びます。
境界型は糖尿病とは違うものですが、近い将来糖尿病に見舞われるリスクが否定できない状態だという意味です。
膠原病が女性の皆様に多くもたらされるのは、女性ホルモンが何らかの働きをしているかららしいですね。
だけども、男性陣が発症するケースが大半を占めるという膠原病もございます。
強引に下痢を抑えると、身体内にウイルスであるとか細菌がステイすることになり、更に悪化したり長く続いたりするのと同様で、本当のことを言うと、咳はそのままにしておいた方が良いと聞いています。
人の身体は、それぞれ異なりますが、だんだん年を取っていきますし、身体的機能性も落ち込み、免疫力などもダウンして、その内にそれなりの病気に見舞われて死亡するわけです。

アルコール摂取が原因の肝障害は、突如としてもたらされるものではないとされています。
ただし、ず~といっぱい酒を飲んでいるという場合、完璧に肝臓は影響を受けるはずです。
摂り込む薬が自然に擁している個性や、患者さん自体の体調によって、規定に沿って摂取しても副作用が起きることがあると言われます。
はたまた、思いも寄らない副作用がもたらされることもあり得ます。
生活習慣病と言いますと、肥満または糖尿病などが代表例で、従来は成人病と命名されていたのです。
食べ過ぎ、酒の無茶飲みなど、何と言いましても普段の食習慣が大きく関係していると指摘されています。
自律神経とは、自らの意思に捉われることなく、自然と体全体の機能を一定に管轄する神経で、「自律神経失調症」と称されるのは、その機能がひどくなる疾病だというわけです。
虫垂炎になる原因が何かは、今なお完璧には解き明かされてはいませんが、虫垂内部に便など不要物質がたまって、そこで細菌が繁殖すること、急性炎症が生じる病気だという見解が大勢を占めます。

目に飛び込んでくるものが歪になって見える白内障又は加齢黄斑変性など、主に老化が原因だと考えられる目の病気は色々あるのですが、女の人達に頻繁に生じるのが甲状腺眼症だと発表されています。
真面目にリハビリに精進しても、脳卒中の後遺症が残ることもあるということも周知の通りです。後遺症として見受けられるのは、発語障害あるいは半身麻痺などでしょう。
糖尿病と申しますと、インスリンが生成されにくい「1型糖尿病」もあります。
こっちにつきましては自己免疫疾患だと考えられていて、遺伝的素因が直接的に影響していると聞いています。
動脈は年齢を重ねれば重ねるほど老化し、少しずつ弾力性が失われ、硬くなるのが通例です。
端的に言えば、動脈硬化は老化現象に含まれますが、その状況は個人個人で全然違うと言われます。
これまでも、膠原病は遺伝することはないと教えてもらいましたし、遺伝を決定付けるようなものも見つけられてはいないのです。
ではありますが、生まれたときから膠原病になる可能性の高い人が見受けられるというのも事実なのです。

関連記事

    None Found