太陽光発電を行うために太陽光パネルを屋根に設置されている方にとって、パネルの汚れは非常に厄介な問題と言えます。
発電効率を極力落とさないためには、パネルに太陽光ができるだけ多く到達する必要があります。
しかし、パネルは屋外の屋根という場所に設置するため、どうしても汚れが付着することは避けられません。
汚れの代表的なものには花粉や黄砂、砂埃の他に鳥の糞などがあげられます。
これら汚れの対策としては水で洗い流すという方法があります。
こちら太陽光パネル 汚れ 対策も参考にしてください。
少々の汚れであれば自然に降る雨が洗い流してくれるのですが、雨水程度の勢いでは洗い流せない場合も多々存在します。
しかし、屋根の上に上って拭くのは非常に危険を伴いますし、パネルを誤って破損してしまう恐れもあります。
また、注意したいのが高圧洗浄機の使用です。
水圧が強すぎるため、パネルとその枠の隙間から水が浸入してしまって故障する原因となり、おすすめできません。
これら頑固な汚れに対しては専門の業者に定期的に洗浄をお願いするのが最も安全かつ効率が良いと言えます。
自分で作業することによって太陽光パネルを破損した場合、結局大きな損害を抱えてしまいます。
また、太陽光パネルの表面に汚れが付着しにくくなるコーティング材を塗布するという方法もあります。
汚れがつくから掃除が必要なので、少しでも汚れがつきにくくするという対策が有効と言えます。

関連記事