太陽光発電とは、ソーラーパネルを屋根に設置しただけでは太陽光から発電した電気を利用できません。
屋根に降り注いだ太陽光は、屋根に設置されたソーラーパネルにより、電力に変換されます。
光エネルギーを電力に変換するソーラーパネルは、複数のブロックに分かれているので、複数の配線を通じて発電された電力は接続箱にまとめられます。
接続箱は、ソーラーパネルのブロックからの配線を複数にまとめて、パワーコンディショナに接続するための装置です。
電力は、この接続箱を経由してパワーコンディショナに供給されます。
パワーコンディショナにより、ソーラーパネルが発電した電力を直流電力から交流電力へ変換することで、太陽光から得た電力を家庭で利用できるようになります。
そして、交流電力は分電盤を通じて家庭内の電力や蓄電用の電力に分けられます。
また、屋根にソーラーパネルを取り付ける際、ソーラーパネルを支える必要があるので屋根に架台を取り付けます。
住宅で使う照明やコンセントなどの機器へ電気を供給する役割を持つ分電盤も、太陽光発電において家庭用や蓄電用に配電する役割を持ちます。
ソーラーパネルを屋根に取り付けただけでは、太陽光を電力に変換することはできませんが、様々な装置によって初めて太陽光による電力を利用できるようになります。
詳しく書いてあるのでこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電とは

関連記事


    太陽光発電システムの発電効率を関わるソーラーパネル自体の変換効率は、ソーラーパネルの種類によって発電効率が大きく変わります。 単結晶シリコン型と多結晶シリコン型にハイブリッド型のソーラーパネルがありま…


    太陽光発電を行うために太陽光パネルを屋根に設置されている方にとって、パネルの汚れは非常に厄介な問題と言えます。 発電効率を極力落とさないためには、パネルに太陽光ができるだけ多く到達する必要があります。…


    農地であっても農業をしていないような土地があったり、現在使っていても体が辛かったり農業自体がつらくてできれば農業をやめたり縮小したい。 そんなときには太陽光発電をするようなことによって土地を有効活用し…